蜜蜂と巣

ミツバチの生態を知る

LINEで送る
Pocket

ハチと言えば、スズメバチやアシナガバチ、クマンバチなどが有名ですが、不思議なことにはちみつを作るのはみつばちだけですね。

今回はそんな不思議なみつばちについて、少し掘り下げてみました。みつばちの生態について知ってみると、意外とその奥深さに哲学的なものを感じるかもしれません。

ミツバチの種類について

一般的に商業用としてはちみつを作るのは?

みつばちは主に西洋種と東洋種に区別されます。そして日本には主に2種類のみつばちがいます。

一種類はセイヨウミツバチといって、黄色と黒の縞模様で、もともとはヨーロッパ、アフリカ、中近東に生息していました。一般的にはちみつの商業用の養蜂で使われるのがセイヨウミツバチです。改良されてきたため、集蜜量が多いですが、病気になりやすいという特徴があります。

セイヨウミツバチは通常一種類の花からしか蜜を取らないため、セイヨウハチミツから取られる蜂蜜のことを単花蜂蜜と呼びます。

趣味として養蜂されるのは?

そしてもう一種類がニホンミツバチです。黒っぽくて小柄、そして神経質で大人しいという性質を持ちます。

昔から日本列島にのみ住んでいる野生種で、はちみつの集蜜量が少ないため、主に趣味として養蜂されることが多いです。

ニホンミツバチは様々な花の種類から蜜を取ってくるため、百花蜜と呼ばれます。そのため味もセイヨウミツバチの蜂蜜よりもコクがあると言われ、とても貴重なのです。

ミツバチの注意点

ミツバチのお引越し

一つの蜂群が大きくなると、新しい女王蜂が誕生します。

一つの巣に二匹の女王蜂が存在することはできないため、古い女王蜂は巣から出て新しい巣を作ります。これを分蜂と言います。

分蜂してもすぐに新しい巣が見つかるとは限らず、そんなときは人目につきやすい公園の木々や建物の壁などに一時的に集まる場合があります。その様子を見ると一般の人は恐怖を感じ、「巣を作られる前に駆除しなくては」と焦って蜂群を刺激してしまいがちですが、下手に襲われかねませんので手出しをするのは絶対にやめましょう。

このような分蜂を見かけた場合は各都道府県、もしくはお住まいの自治体に連絡しましょう。

自分の命よりも…ミツバチが刺す時とは?

スズメバチなど、他のはちと比べると、みつばちはとても大人しい性質を持ちます。ですがそんなみつばちも攻撃性を増し、人を刺す場合があります。それは自分たちの巣が襲われた時です。

みつばちの針には“かえし”がついているので、一旦針をさすと内臓ごと引きちぎれてしまいます。これには意味があって、針についた毒線とそれに付随した筋肉が肉体から離れてもなお針から毒を送り続けようとします。そして針から揮発性の分泌物を出し、仲間の興奮を誘発することによって他の仲間に攻撃させ続けるのです。

みつばちは自分の命よりも巣を守ることを優先していて、この仕組みは、とある文献によると4000年前から変わらないのだそうです。

みつばちに刺されることは少ないと思います。しかし、万が一ということもあります。

もし巣が近くにある場合は、ハチを駆除してくれる業者に相談してみることをオススメします。

とくに寒い時期は攻撃性が高くなるので、注意しましょう。

ミツバチの巣作りってどんな感じ?

女王蜂、働き蜂、雄蜂

巣の中には数万匹の蜂がいますが、その中に女王蜂はたったの一匹しかいません。その一匹の女王蜂が巣の中の全ての卵を産むのです。そして女王蜂は雌と雄を産み分けることができます。

雌はすべて働き蜂となり、巣を作ったり掃除をしたり、蜜を集めたり子供を育てたり巣の護衛をしたりと、その名の通り働き尽くしなので、繁殖期の寿命は1か月ほどしかありません。

雄蜂は働き蜂のように毒針をもたず、蜜や花粉を集める能力もありません。雄蜂はただ繁殖のためにしか存在しないのです。

こうやって巣を作る

働き蜂は生まれてから15日ほどすると巣を作ります。はちみつを沢山食べた働き蜂は24時間天井から動かずにじっとしています。

すると働き蜂のお腹からうろこ状の白い蜜蝋が出てきます。これをろう片と呼びます。このろう片を働き蜂たちが噛み砕き、唾液と混ぜたもので巣を作るのです。

まとめ

みつばちがはちみつを作るという過程の中には、実は命の神秘や自己犠牲の精神など、哲学的な奥深さがあることがわかりますね。

私たち人間も、みつばちに見習わなくてはならないことがたくさんあるのかもしれません…。

ミツバチの生態や養蜂について、もっとよく知りたい!という方は、こんなサイトもとても参考になりますよ♪

ミツバチの生態 << ミツバチについて << 一般社団法人 日本養蜂協会

養蜂について:農林水産省